夜中のこむらがえり。

かごや

080-7792-6400

〒350-1332 埼玉県狭山市下奥富1415-3

営業時間/9:00~21:00
(早朝深夜・出張施術ご相談ください)

lv

夜中のこむらがえり。

店主のブログ

2018/11/11 夜中のこむらがえり。

かごやLINE@です。

友だち追加よろしくお願いします。

 

寝ている間に足がつって大騒ぎ、けっこういるのではないでしょうか。

 

かごやの患者さんでも、夜中に足がつるという方たまにいますね。

(それが主訴での来店ではないのですが・・・)

 

だいたいそういう患者さんは、「ちゃんと水分は取ってるんですけど」と言います。

 

東洋医学的に考えて、夜中に足がつる。

これは血虚によって起こることが多いです。

血も水分が多いので陰虚(水分不足)ってこともあります。

ここで考えなくてはいけないこと、それはからだの部分的に血虚・陰虚が起こっているということです。

 

ということは、足がつるふくらはぎに血や水分がちゃんと廻っていないということです。

水分をいくら取っても、ふくらはぎにちゃんと廻っていかなければダメですよね。

 

なので、施術でふくらはぎに血や水分が流れていくようにすれば、足がつる症状は改善されます。

いろいろやり方はあると思いますが、かごやでは術伝流鍼灸の灸頭鍼を使います。

 

DSC_0894

 

もちろん、この前に他の手技もやっていますが、これがメインで気血を廻らせます。

 

こちらの患者さんは、夜中に両足がつって救急車呼びそうになったそうです。

(実際、呼んでません)

 

この後、1ヶ月ぐらい経ちますが1回も足がつっていません。

 

夜中のこむらがえりでお悩みの方、かごやの施術受けてみませんか!

TOP